お知らせ

  平成31年度(2019年4月1日から2020年3月31日)

 

*年末年始の休診について*

年末は12月28日(土曜日)午前中まで診療、年始は1月6日(月曜日)より診療致します。

良い年をお迎えください。。

 

*町田市医師会休日・準夜急患こどもクリニック (小児科 15歳以下)*

町田市医師会は平成28年4月24日(日)より日曜、祝日、年末年始における市内当番医による小児科急病診療を、健康福祉会館内の休日・準夜急患こどもクリニックで固定化して実施致しております。

受付時間は

◎ 日曜日・祝日・年末年始の昼間:午前8時45分~午後4時30分 (診療開始は午前9時からです)

◎ 毎日の準夜帯:午後6時~午後9時30分 (午後7時から診療)

お子様が急病の時は、事前に下記に電話してからご利用下さい

TEL.  042-710-0927

15歳以上の大人の休日当番医については町田市医師会ホームページをご覧下さい。

https://www.machida.tokyo.med.or.jp

 

*予防接種についての重要なお知らせ*

今までは平成20年4月1日の予防接種法の改正により、不活化ワクチン1期の接種間隔は20日~56日の間と決められ、定められた期間を超えると法定外接種とみなされ法律で定められた年齢内であっても、重大な副反応が起きた時に予防接種法に基づく健康被害救済制度が受けられませんでした。

しかし平成26年4月1日上記接種間隔の上限が撤廃されました。

定められた接種期限内であれば、四種混合の第1期及びHib、小児肺炎球菌、日本脳炎第1期初回接種間隔の上限がなくなりました。

よって上記の定められた期間を過ぎた接種についても規定の接種年齢内であれば予防接種法による健康被害救済制度の適応となります。

ただし、上記接種期間を過ぎるとせっかく接種したワクチンの抗体力価が低下し、十分な効果が得られなくなりますので定められた期間内に接種するようにして下さい。ワクチンは接種すると時間が経つにつれ次第に免疫量が増加しますが、4週間をピークに漸減していきます。十分に免疫が残っている間に次の接種をしないと有効なワクチンの効果が得られません。

対象のお子様のおられる方は主治医と予防接種計画の相談をされ、体調に気を付けて早めに接種を受ける様お願い致します。

 誤接種防止のため母子手帳を持参しないと接種を受けられませんのでご注意下さい

 

*ヒブワクチン*

対象は生後2ヶ月以上5歳未満の方です。ただし、接種を開始した年齢により接種回数が違いますのでご注意下さい。

2ヶ月以上7ヶ月未満より開始された方は初回接種3回と追加接種7~13ヶ月後に1回の計4回。
7ヶ月以上12ヶ月未満より開始された方は初回接種2回と追加接種7~13ヶ月後に1回の計3回。
1歳以上5歳未満に開始された方は初回接種1回のみとなります。

 

*肺炎球菌ワクチン(13価小児用)*

2ヶ月以上7ヶ月未満に開始の場合は初回接種3回と60日以上あけて1歳~2歳の間に追加接種1回。
7ヶ月以上1歳に開始の場合は初回接種2回と60日以上あけて1歳~1歳1か月の間に追加接種1回。

ただし、初回接種2回目が1歳を過ぎた場合は追加接種はありません
1歳以上2歳未満に開始の場合は初回接種1回と60日以上あけて追加接種1回。
2歳以上5歳未満に開始の場合は1回接種のみとなります。
7価で開始された方も残りの接種は13価となります。

 

*四種混合ワクチン*

三種混合と不活化ポリオの混合ワクチンです。対象は3か月以上7歳6ヶ月未満の方です。

接種は3~8週間の間隔で3回接種し、3回目の接種後12ヶ月~18ヶ月の間に1回追加接種をします。不明な点は母子手帳を持参のうえ主治医とご相談下さい。

 

*BCG*

対象年齢は1歳未満 (標準的な接種時期は5~8か月)

町田市では平成27年度より個別接種となりました。

BCG接種後4週間は他のクチン接種が出来ませんので、他のワクチン接種の間にBCGを入れる場合は接種間隔にご注意下さい

 

*麻しん風しん混合(MR二種混合)ワクチン*
平成18年4月1日より麻しん、風しんの予防接種がMRワクチンとなり2回接種する事になりました。

 対象者は
・1期 1歳から2歳未満の方。
・2期 5歳以上7歳未満で小学校就学前の1年間の間にある方。

 

*MR(麻しん風しん)ワクチンフォロー接種について*

町田市では平成27年度より未接種者を対象としたフォロー接種を実施していますが、今年度は2020年3月31日までとなります。対象の方は早めに接種して下さい。(対象は19歳未満)

・1 MR接種を一度も受けたことがなく第2期を迎える前の方 : 1回のみ接種

・2 第2期の接種期間を経過した19歳未満の方で、

   ①MR接種を1回受けたことがある場合 : 1回のみ接種

   ②MR接種を一度も受けたことのない場合: 2回まで接種可

フォロー接種は接種費用は無料ですが、健康被害が起きた場合には予防接種法による救済は受けられず、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法第16条に基づく救済となります。

 

*水痘ワクチン*

対象は1歳から3歳未満

接種回数は2ヶ月以上開けて2回

標準的接種 :1回目は1歳から1歳3ヶ月未満。

       2回目は1回目終了後6ヶ月から1年です。

 

*日本脳炎ワクチン*

対象年齢:1期は3歳~7歳6ヶ月未満2期は9歳~13歳未満です

接種回数:1期は初年度3~8週間あけて2回接種、追加接種は2回目接種より12~18ヶ月の間に1回です。

2期は追加1回接種のみです。

 

*日本脳炎特例接種*

平成17年の日本脳炎ワクチン積極的勧奨差し控えにより接種の機会を逃した平成11年4月2日~平成19年4月1日生まれの方、及び平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの方は第2期の期間中に第1期の不足分を定期予防接種として(無料)接種できます。

20歳未満まで特例として無料接種が可能です。規定内の接種を逃した方はご相談下さい。

 

*二種混合ワクチン*

ジフテリアと破傷風の混合ワクチンで、三種混合ワクチンの追加接種です。

対象年齢は11歳~13歳未満です。

 

*高齢者23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン(ニューモバックスNP)*

自己負担です。(町田市より4,000円の助成があり、当院では6,000円です)

平成28年4月1日より接種対象者が変わりました。
対象は65、70、75、80、85、90、95、100歳の方のみです。また心臓、腎臓、呼吸機能又はヒト免疫不全による免疫機能障害のある60歳から65歳未満の方で、接種は1回です。
この肺炎球菌ワクチンは任意接種になりますので、健康被害が出た場合予防接種法による救済は受けられません。

 

*子宮頸がんワクチン(平成26年6月より積極的に接種勧奨を行っていません)*

 

*大人風しん予防接種   (助成期間2019年4月1日から2020年3月31日まで)*

今年度は自己負担無し(昨年度までは3000円の自己負担がありました)
先天性風しん症候群の発生防止を目的として、町田市在住19歳以上の女性で妊娠を予定または希望している方,及びその配偶者等同居者を対象に、風しん単体ワクチン又はMRワクチン接種の助成が行われます。希望者は町田市健康課に申請してから接種をする事になります。この接種は任意接種です。

但し、以下の方は除きます。①過去に風しん抗体検査を受けたことのある方。②風しんの予防接種記録のある方。③検査で確定診断を受けた風しん既往歴のある方。

風しん抗体検査には時間が掛かりますので、期間内に接種できるよう早めにお願い致します。。
健康課 TEL.042-725-5422  にお問い合わせ下さい。

 

*B型肝炎ワクチン*

B型肝炎ワクチンが平成28年10月1日より定期予防接種となり町田市でも無料で接種出来るようになりました。

対象年齢:平成28年4月1日以降に生まれた2ヶ月以上1歳未満の児

      (標準接種期間は2か月から8か月未満です)

接種回数:3回

接種間隔:1回目接種より4週間以上の間隔をおいて2回目接種

     3回目は1回目より20週(5ヶ月)以上の間隔をおいて接種します。

 

*重要*

HBs抗原陽性の母親から生まれた乳児として健康保険によりB型肝炎ワクチン投与を一部又は全部受けた方は定期の予防接種対象から除かれます。

但し、任意予防接種として受けた方は、すでに接種した回数分は定期接種を受けたものとみなされます。

接種間隔はワクチンの効果を高めるために法律により定められている必要な間隔を置かずに接種した場合や、接種可能な期間を外れて接種した場合は法定外接種となり、健康被害が発生した場合に予防接種法による救済を受けられなくなります。ご注意ください。

 

*風しん第5期の抗体検査及びワクチン接種について*

対象は今年度末で40歳から57歳(昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれ)の男性。

対象者には住民票のある各自治体よりこの予防接種のためのクーポン券が送られてきます。それを持って医療機関を受診することになります。これまでに風しん抗体測定や風しんの予防接種を受けている方はその記録の確認をお願い致します。本接種に対して必要にまります。

 

接種年齢の法律上の解釈*

満年齢の場合民法上、誕生の前日をもってその年齢が満了するので、未満と言う場合はそのまた前日となります。よって通常の誕生日を入れて3日前が法律上の接種期限となります。今まではこの解釈に沿って接種しておりました。

しかし、この法律解釈は混乱を招くため、東京都では平成27年4月1日より誕生日の前日まで公費にて接種可能となりました誕生日の前日まで接種できるようになりましたが、事故が起こり訴訟となった場合は民法上の法律解釈が適用されますので、予防接種は早めに受けるようにして下さい。

 

*町田市成瀬台地区で流行の病気*

現在この地域ではウイルス性腸炎、溶連菌感染症、マイコプラスマ肺炎等も流行しています。 また、インフルエンザはA型が流行しています。いずれも伝染力の強い病気ですので体調が悪い時には無理して登園登校しないようにお願い致します。外から帰ったら手洗いうがいを心掛けましょう。